忍者ブログ
にきびを治す方法を色々紹介しています。にきびでお悩みの皆さん、自分に合ったにきびを治す方法を見つけてみませんか?
| Admin | Res |
<< 10  2018/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

悪影響の原因になるものを危険因子と言います。
にきびの危険因子とは意識すれば避けられることができる、
現象や物質のことです。

例えば、脂っこい食事を多く食べること、夜に洗顔をしないこと、
にきびをつぶすことなどはにきびの危険因子と呼べます。
一方、成長期のホルモンバランスの崩れや女性の生理、高齢による肌の老化、
遺伝などは意識的に避けられないためににきびの危険因子とは呼びません。

ストレスが溜まると交感神経を刺激し、男性ホルモンの分泌を促進します。
その結果、ホルモンバランスが崩れてしまうために、
にきびができやすくなります。

肌の新陳代謝を促す成長ホルモンは夜23~2時の間に分泌が高まるので、
この時間に眠るのが理想です。
にきびのある人は睡眠時間が7時間以下の人が多いとのことです。

脂分や糖分などの過剰摂取は皮脂の過剰分泌になります。
逆に、ビタミンの欠如は皮膚細胞の生成に必要なコラーゲンの欠乏を招きます。

皮膚の温度が上昇し、皮脂の分泌が多くなり、にきび菌が活性化されます。
また、紫外線を防御しようとして角質が厚くなり、水分と油分が奪われて、
肌が荒れやすくなります。

極端な乾燥は逆ににきび菌が進入しやすくなります。
古くなった角質が毛穴を塞いでしまう場合もあり、適度な湿り気が必要です。

にきび菌が増殖しやすい環境を作ることになります。
清潔を心がけるために汗をかいたらすぐ拭いたり、洗顔を行うことで防げます。

にきびを触ったり、つぶしたりすることでにきび跡の原因になります。
炎症を起こしているにきびは、特にデリケートに扱いましょう。
PR
体内環境とは人が健やかな毎日を送るために必要な、
体の中の栄養バランスのことを言います。
体内環境が乱れると、にきびが現れます。

腸は老廃物を排出する機能があり、免疫力を促す働きがあります。
血管は細胞に栄養分や酸素を送り、加齢に影響を与えます。
腸と血管に異常があると、体内の悪い物質は外に出されなくなり、
良い物質は中で吸収されなくなり、にきびができやすいです。

そのために活性酸素に対しての抵抗力もなくなり、
新陳代謝や細胞の活性化にも異常が生じ、にきびにも悪影響が出ます。
つまり、体内環境正常化を行うことはにきびを作らない健康的な肌につながります。

女性は生理の前後や排卵日などに多く分泌される黄体ホルモンの作用により、
ホルモンバランスが崩れにきびができやすくなります。
ホルモンバランスの崩れは体内環境を不安定になることから、
生理前後はにきびができやすい状態になります。
ただ、これは生理現象ですので解消することはできません。
にきびと照らし合わせながら、意識していきたい事象です。

これ以外の仕事や家事の疲労、人間関係や育児などによる過多なストレス、
不規則な睡眠、偏った食事、アルコール呑み過ぎやタバコの吸い過ぎ、
生理不順や便秘など、にきびの要素はたくさんあります。

体内環境は便通や体の疲れなどでも判断できます。
体の調子が良い場合は、にきびもないことがほとんどです。

にきびを整えるには1日3食を規則正しく、
バランスの良い栄養素を複数摂ることが必要になります。
にきびができる主要因のひとつに、活性酸素による皮脂の酸化があります。
ストレスや紫外線、環境の変化の影響で、皮脂が酸化して、
にきび菌に感染しなくても炎症を起こしやすくなります。
この皮脂の酸化を防ぐのに効果的なのがビタミンCです。

外から塗らない理由はにきびの表面から与えても、
ビタミンCはにきびに浸透しにくい成分であるからです。
よって、体の中から細胞レベルでのにきび改善を図ります。

にきびには何よりも活性酸素が良くありません。
シミ、くすみもできやすくなり、老化現象が見られます。
活性酸素を防がなくてはにきび予防は保たれません。

ビタミンCを摂取することでビタミンCの強力な抗酸化力で活性酸素を
無毒化しますので、にきびの悪化を防ぎます。
にきび跡にもビタミンCによって量産されたコラーゲンによって、
にきびが改善されてやすくなります。
抗酸化作用によりメラニンの生成を抑え、メラニン色素を還元して、
美白も促します。
にきびだけではなく皮膚は本来のハリを取り戻しやすくなります。

にきびの人は予想以上にビタミンCの補給が必要かもしれません。
ビタミンCの含有量が非常に多い食品はオレンジ、レモンといった柑橘類、
アセロラ、キウイ、トマトなどです。

また、ビタミンCのサプリメントも摂取しやすいでしょう。
サプリメントには「レモン○個分のビタミンC」という表現がよく
用いられていますが、「レモン1個分のビタミンC」は20mgに換算されます。

ビタミンCは過剰に摂取したとしても、一般的に尿中に排出されますので安全です。
ビタミンCを摂取することで、効率的なにきびの改善をしていきたいものです。
にきびは発症しても全く跡が残らないのが普通です。
しかし、にきびに悩む方は大変多く、それと同じくらいにきび跡を
治したいと希望してくる方も多いのはどうしてでしょう。

実はにきび跡はにきびの進行過程でできた傷です。
傷の形状や深さが異なるようににきび跡である傷にも様々なパタ-ンがあり、
症状が異なります。

傷が治りにくくする行為が、傷跡になりやすいです。
特ににきびから血が出るような行為は、傷が治っても色素沈着
つまりシミが残る場合があります。

にきび跡は短絡的に何かを塗布したり、飲食したりするだけで
アッという間に改善されるものではありません。
肌を修復させる最大の要素は、自身の自然治癒力にかかってきます。
自然治癒力は高めることもできますし、
自然治癒力によって治癒を早めることもできます。

サプリメントなどでビタミンCをより多く摂取したりするのと同時に、
傷を治すために投薬することも有効です。
にきび跡に定評のあるプロアクティブは実績があり、価格も抑えられます。
レーザーによる傷跡の除去とイオン導入にヒアルロン酸パックを施す、
にきびのレーザー治療も一般的となりました。

古くなり不要になった角質層を優しく取り除いて、新しい皮膚の再生を促す
治療法のケミカルピーリングを行える皮膚科も増えてきています。
にきびに効果的なビタミンAで肌のターンオーバーを促進させ、
表皮の細胞の活性化による皮膚の再生を促すトレチノインなどもあります。

治療のために施術を行う場合は肌荒れの発生頻度を減少させ、
にきびができやすい時期が過ぎてから行います。
個人のにきびの症状に合わせるために精密検査を行い、
悩み相談も含めたカウンセリングの後に、実際のエステを受けることができます。
皮膚科での治療を続けつつも、いろいろなにきびケアを
受けてみたいと思っている方も多いでしょう。

やはり、にきびの治療といえば、エステです。
基本的にエステを始める場合は、ほとんどの方がお試し体験コースを利用します。
お試し体験コースとは、値段が1,000円~5,000円くらいで
目的のエステを一通り味わえる、お得なにきびケアです。

しかも、エステ業界はお試し体験コースという制度が一般的になっているため、
大概のエステで受けられます。
即効性が高く、にきびだけではなく肌全体が回復します。

キメが細かく、ハリとツヤが伺えます。
にきびが完全になくなるかといえば、1回の治療では
さすがにそこまではいきません。

サロンはまるで美容室のような雰囲気で、しかも店内は男女別々なので、
異性と顔を合わせる心配もありません。
驚いたのは、当たり前かもしれませんが店員さんの肌がとても綺麗なことです。
にきびもありませんし、顔も整っています。
接客も丁寧で、明るい笑顔で接してくれます。

まずは、エステを始める前に診断室に通されます。
担当のエステティシャンが付き、今回体験するにきびコースの説明と
にきびに関する悩みや疑問にもアドバイスをもらうことができます。

サロンに行ったらいきなりにきびエステを体験するのではなく、
多くのエステでカウンセリングから始まります。
にきび状態、普段の食事、生活習慣などをチェックし、
ひとりひとりにあったにきびケアをプランニングしてくれます。

さらに肌の水分量や皮脂量、角質、シミ予備軍などをチェックして、
にきびの写真も撮り、診断結果に基づくにきびエステの種類を紹介してもらいます。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
バーコード

Powered by Ninja Blog    Heart font by カワイイダケジャ    Template by Temp* factory
Copyright (c)にきびを治す方法 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]